子供の虫歯予防にフッ素は危険なの?

子供の虫歯予防にフッ素を使用しても問題はないの?

子供の虫歯予防にフッ素を使用しても問題はないの? 
子供の虫歯予防にフッ素は大丈夫なの?ということでフッ素と虫歯の関係についてです。

 

虫歯予防というとフッ素を呪文のように聞くことになりますが、フッ素というのはミネラルの仲間になります。

 

ミネラルの仲間なので、あらゆるところに存在していることになります。

 

海、川、土壌、食べ物、飲み物などにも微量に含まれていて、その微量な量を人はとっていることになります。

 

自然の食品などに含まれているもので、人が活動するのに必要な栄養素でもある1つがフッ素ということになります。

 

食品などに含まれているので、または人の体の栄養素として普通にとっていても問題がないものになります。

 

人が活動するのに、成長するのに、健康を維持するあめにも必要な栄養素とういことになります。

 

それが本来のフッ素ということになりますが、多分危険のような情報をどこかで聞いたので気になっているではないしょうか。

 

結論をいうと限りなく問題がないものですが、その真相は本当の意味でハッキリとしていないのが実情です。

 

どのようなことかお伝えします。

 

 

子供の虫歯予防にフッ素は危険なの?本当のことを知りたい

子供の虫歯予防にフッ素は危険なの?本当のことを知りたい 
危険性でいうと、高濃度で飲むとか、たくさん体内に入れるとかでなけらばほぼ問題がないものといえます。

 

先程話したように、フッ素は自然界にごく普通に存在しているもので、歯磨き粉や虫歯の治療などでもよく利用されているものです。

 

ただ、歯磨き粉や歯科の治療で使用されるものは、自然界そのものを利用した人工的に加工されたものになります。

 

分かりやすくすると添加物のようなものです。

 

添加物というのは、以前は危険性のあるものが多かったのも確かなことですが、今はしっかりとした基準がなっていて、人体に害がないようなものだけが精査されて、色々なものに添加されています。

 

色々な食品に添加されているので、例を上げるとキリがありませんが、子供の好きなお菓子から、ジュース、カレーのルーに至るまでほぼ使用されています。

 

ミートボールにも肉とは言えない、骨から削った肉ともいえないようなものに、添加物を使用すると、不思議に美味しいミートボールになります。

 

安いコーヒーのミルクも、ほぼ水と添加物で構成されていますが、それが水と添加物でできているとは、ほとんどの人は気がつきません。

 

年間にすると1人当たり、約3kg程度の添加物を体内に入れていることになります。 
年間にすると1人当たり、約3kg程度の添加物を体内に入れていることになります。

 

そうであっても、日本人の寿命は年々伸びていることになります。

 

結果からいうと、それほど脅威になるもではなくて、水道水にも消毒のための漂白剤と同じ塩素というものが微量に使用されていますが、それが危険かどうかという話しのレベルになります。

 

世界の研究者の間では、賛否両論のところもありますが、限りなく危険性はないとえいます。

 

ただし、あり得ないと思いますが、フッ素が使用された歯磨き粉を大量に飲んでしまった、または何かの要素で体内に多く入れてしまった、このようなことであれば、醤油を大量に飲んでしまった、または塩を大量に取りいれた、と同じように体に害を与えることがあります。

 

これはフッ素だけではなくて、体にプラスになる栄養素も、ときには毒になることもあるとうことです。

 

その要素があるが食品であって、添加物も同じことになります。

 

毎日のようにフッ素を大量にとる人はいないと思いますが、それよりも揚げ物や肉を毎日大量にとる方が体への影響は大きいと思います。

 

 

そもそもフッ素は子供の虫歯予防にどのような効果があるの?

そもそもフッ素は子供の虫歯予防にどのような効果があるの? 
フッ素が虫歯の予防によく効果があるように言われるは、歯を再生してくれる働きがあるためです。

 

誰でも食事をすると口の中は細菌によって酸性化していきます。

 

歯の表面は2ミリぐらいのエナメル質というもので覆われていて、ほぼカルシウムで構成されています。

 

そのカルシウムが細菌の酸性物質で溶けることになります。

 

溶けてそのままだと歯がなくなってしまうことになりますが、そうらならないために歯を修復していることになります。

 

その役割をしているのが唾液に含まれるカルシウムになります。

 

そのカルシウムの変わりになるのがフッ素ということになります。

 

食事をして歯が溶けて、唾液で再生して、これを毎日繰り返されているわけです。

 

ただ、その歯の再生途中に、虫歯菌が歯にこびりついてしまうと、歯の再生ができなくなってしまいます。

 

その部分が初期の虫歯になってしまいます。

 

フッ素はそうならないために歯の再生を早めるための働きということです。

 

子供が虫歯になりやすいのは大人と違い、歯の表面のエナメル質が薄いために虫歯になりやすいことになります。

 

子供は歯はしっかりとしていないために、虫歯になりやすい歯の質をしているということです。

 

そのためしっかりと歯磨きをしていても繰り返すことも多くなってきます。

 

歯の質、食べ物、歯磨きのしかたなどの要素が深く関係しています。

 

どちらにしても虫歯になりやすい子供の歯はいずれ抜けてしまい、大人の歯が生えてくることになりますが、しっかりとした虫歯予防をすることで、今後の大人の歯の強さにも影響を与えるようになります。

 

でもフッ素を使用しなくても唾液を利用して虫歯予防ができるものがあります。

 

コチラのアイテムになりますが、これはおすすめすることができます。

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある
子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある!についてです。繰り返す子供の虫歯予防にキシリトールが配合されたガムは効果があるのか?についてです。治療としては使えませんが予防としては十分に役立つものになります。その効果についての詳細です。
子供の虫歯予防にシーラントは役立つの?効果と本質について
子供の虫歯予防にシーラントは役立つの?効果と本質についてです。子供の虫歯予防にシーラントはどのような効果があるのかまとめています。メリットとデメリットもあり、一概におすすめできるともできないともいえませんがその本質についてお伝えしています。
子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点がある
子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点がある!についてです。子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点などについてです。確かにキシリトールなどのガムは子供の虫歯予防として効果がありますけど注意点もあります。また効果的なガムの使用のしかたについてもお伝え。
子供の虫歯予防は口移しを控えることで後で楽ができる!?
子供の虫歯予防は口移しを控えることで後で楽ができる!についてです。実は子供の虫歯予防には口移しを2歳ぐらいまで控えることで大きな予防になることが分かっています。虫歯も感染からなる細菌なので口移しを控えることはとても大事なことになります。
子供の虫歯予防になる歯磨きの方法がある!その基本について
子供の虫歯予防になる歯磨きの方法がある!その基本についてです。子供の虫歯予防に大きく影響する歯磨きの仕方についてです。基本的なことを覚えることで今後お母さんの負担を色々な意味で減らすことになります。子供の虫歯予防のためにも参考にして下さい。
子供の虫歯は白いまま進行することもあるので注意が必要!
子供の虫歯は白いまま進行することもあるので注意が必要!についてです。子供の虫歯予防で注意したいのが虫歯が白いまま進行することです。普通の虫歯も分かりづらいところがありますけどこの白い虫歯はさらに分かりづらいものです。どのようなことに注意をすれば良いのかの詳細です。

 
トップページ 子供の口臭対策 子供の虫歯予防 子供の口臭とサプリ