子供の虫歯予防とシーラントの効果

子供の虫歯予防になるシーラントの働きと効果について

子供の虫歯予防になるシーラントの働きと効果について 
どんなに歯磨きを頑張っていても100%虫歯を予防することができませんね。

 

子供の歯を虫歯から守ってあげたいですが、生えたての永久歯はどんなに注意していても虫歯になりやすいものです。

 

そこで役立ってくれるのがシーラントです。

 

生えたての虫歯になりやすい永久歯をしっかりと守ってくれるのがシーラントです。

 

歯を削らないで歯の溝にコーティングをするのがシーラントで、子供を虫歯から守る効果がとても高いものです。

 

高い虫歯予防が期待できるシーラントは歯医者さんで行っています。

 

奥歯はどうしてもブラッシングが十分に出来ない場所で虫歯にもなりやすいのですが、ここの噛む面の溝部分にシーラントをします。

 

プラスチック製のシーラントを溝に埋め込むことで、溝から発生する虫歯を予防することができるのです。

 

シーラントは虫歯予防が目的ですから、保険治療で行うことができるので安心です。

 

溝が深い虫歯のできやすい奥歯や、形が複雑な歯に行われるのがシーラントです。

 

他に、前歯の裏のくぼみが深くなった場所にも行われることもあります。

 

シーラントがおすすめの歯は、生えたばかりの奥歯の永久歯や前歯です。 
シーラントがおすすめの歯は、生えたばかりの奥歯の永久歯や前歯です

 

特に生えたての奥歯の永久歯は、柔らかくて形も複雑なので虫歯になりやすくなっています。

 

6歳頃から生えてくるので早めにシーラントをしておけば安心です。

 

7歳から8歳くらいになれば、上の前歯の永久歯が生えてきます。

 

前歯の裏には深い溝があって、ここもブラッシングがしにくいので汚れが溜まりやすく虫歯になりやすいです。

 

ここも生えたての時にシーラントをすれば安心です。

 

また乳歯であっても奥歯は虫歯になりやすいので、乳歯のうちからシーラントをするのもおすすめです。

 

乳歯であれば4歳から5歳くらいの頃にすると良いでしょう。

 

歯の生え変わりは個人差も大きいので、ママがしっかりとチェックしてあげましょう。

 

定期的に歯医者さんに通ってメンテナンスをしてもらえば、シーラントをする最適な時期も分かるのでおすすめです。

 

ただシーラントは必ずしも必要なものではなく、あくまでも虫歯予防のためのものです。

 

子供があまりにも嫌がる場合には止めておきましょう。

 

シーラントをしておけば、虫歯のリスクもかなり低くなりますが、ただ毎日の歯磨きが基本ですから、これも怠らないようにします。

 

 

子供の虫歯予防になるシーラントのメリットとデメリット

子供の虫歯予防になるシーラントのメリットとデメリット 
歯医者さんで子供の虫歯予防のためにシーラントを勧められたけどどうしようかと迷っている方もいらっしゃるでしょう。

 

生え始めの永久歯は虫歯のなるリスクも高いのでシーラントがとても有効なのですが、メリットとデメリットがあるので知っておきましょう。

 

シーラントは、生え始めの乳歯や生え始めの永久歯の虫歯予防のために用いられるものです。

 

奥歯の噛み合わせの溝や複雑な形の歯の溝は虫歯になりやすく、さらに生えたての永久歯は未熟なので虫歯にもなりやすいです。

 

ですからこれらの溝にフッ素が配合されたプラスチックで覆って守ってあげるのです。

 

これがシーラントで、早いうちに処置しておけば虫歯リスクも低くなります

 

シーラントのメリットは、この虫歯リスクが低くなるということです。

 

小さな子供は歯磨きもまだまだ上手にはできませんから、シーラントをしておけば虫歯になりにくくなり安心です。

 

ただシーラントだけで虫歯が完全に予防できるわけではありませんから、定期的な検診や正しい歯磨きが行われていることが大切です。

 

またフッ素が歯合されたシーラントであれば、フッ素が徐々に放出されるので歯の強化にも役立ちます。

 

シーラントのデメリットは、歯の溝にしか行えないということです。

 

歯と歯の間なども虫歯になりやすいですが、シーラントは溝にしか処置できません。 
歯と歯の間なども虫歯になりやすいですが、シーラントは溝にしか処置できません。

 

また永久的に外れないものではないので、何かのはずみで外れてしまうこともあります。

 

シーラントをしているからと言って歯磨きを怠るようであれば、これもデメリットになりますね。

 

デメリットもあるシーラントですが、やはり正しく利用すれば子供の虫歯予防にはとても役立つものです。

 

保険対象にもなるので、料金の負担も軽いです。

 

処置にかかる時間も1本の歯について15分程度と短時間ですし痛みもありません。

 

シーラントをしていれば、虫歯になりやすい歯も守ることができます。

 

ただし取れてしまったり全ての歯が守られるわけではないので、正しい歯磨き習慣が大前提となります。

 

それ以外の予防でおすすめであればコチラのガムになります。

 

ただのガムではなく、初期の虫歯を予防してしまう本格的なトクホのガムになります。

 

詳しくまとめてみましので参考にして下さい。

 

スポンサードリンク

関連ページ

子供の虫歯予防にフッ素はどのような効果?大丈夫なの?
子供の虫歯予防にフッ素はどのような効果?大丈夫なの?という疑問についてです。子供の虫歯予防にフッ素はどのような効果があるのかについてです。危険という人もいますが果たして本当にそうなのかについての詳細です。虫歯予防のヒントとして参考にして下さい。
子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある
子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある!についてです。繰り返す子供の虫歯予防にキシリトールが配合されたガムは効果があるのか?についてです。治療としては使えませんが予防としては十分に役立つものになります。その効果についての詳細です。
子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点がある
子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点がある!についてです。子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点などについてです。確かにキシリトールなどのガムは子供の虫歯予防として効果がありますけど注意点もあります。また効果的なガムの使用のしかたについてもお伝え。
子供の虫歯予防は口移しを控えることで後で楽ができる!?
子供の虫歯予防は口移しを控えることで後で楽ができる!についてです。実は子供の虫歯予防には口移しを2歳ぐらいまで控えることで大きな予防になることが分かっています。虫歯も感染からなる細菌なので口移しを控えることはとても大事なことになります。
子供の虫歯予防になる歯磨きの方法がある!その基本について
子供の虫歯予防になる歯磨きの方法がある!その基本についてです。子供の虫歯予防に大きく影響する歯磨きの仕方についてです。基本的なことを覚えることで今後お母さんの負担を色々な意味で減らすことになります。子供の虫歯予防のためにも参考にして下さい。
子供の虫歯は白いまま進行することもあるので注意が必要!
子供の虫歯は白いまま進行することもあるので注意が必要!についてです。子供の虫歯予防で注意したいのが虫歯が白いまま進行することです。普通の虫歯も分かりづらいところがありますけどこの白い虫歯はさらに分かりづらいものです。どのようなことに注意をすれば良いのかの詳細です。

 
トップページ 子供の口臭対策 子供の虫歯予防 子供の口臭とサプリ