子供の虫歯予防にガムでおすすめがある

子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点と効果的な使い方

子供の虫歯予防にガムを使用するときの注意点と効果的な使い方
子供は虫歯が出来やすいので、どんなに歯磨きを徹底していても出来てしまうこともあります。

 

子供の虫歯予防にはガムが役立つと言われていますが注意したい事もあります。

 

歯医者に通うのはママも大変ですし何より本人が辛い思いをするので、少しでも虫歯リスクを低くしてあげたいですね。

 

子供の虫歯予防にはガムが良いと言われていますが、もちろんお砂糖の入ったガムではいけません。

 

虫歯予防に役立つのはキシリトール入りのガムで、お砂糖のように虫歯菌のエサにならない上に虫歯菌の活動も抑えてくれます。

 

キシリトールにはお砂糖なみの甘みがあるので、子供たちも喜んで食べてくれますね。

 

おやつ代わりにキシリトール入りのガムやタブレットを上げれば、美味しく虫歯予防ができます。

 

食後などにキシリトール入りのガムを与えれば虫歯予防の効果が高まり、噛むことであごが強化されて唾液の分泌量も増えます。

 

良いことばかりのキシリトール入りのガムですが、完全に虫歯が予防できるわけではありません。

 

外出先などで歯磨きが出来ない環境で虫歯予防のためにガムを噛むのは効果的ですが、常にガムを歯磨き代わりにしてはいけません。
外出先などで歯磨きが出来ない環境で虫歯予防のためにガムを噛むのは効果的ですが、常にガムを歯磨き代わりにしてはいけません。

 

食べもののカスや歯にこびりついた歯垢はブラッシングをしないと除去することができません。

 

朝と夜、1日2回はしっかりと歯磨きをする習慣をつけて、その上で虫歯を防ぐためにキシリトール入りのガムを噛むようにしましょう。

 

歯磨きの補助的なものと考えると良いですね。

 

また市販されているキシリトール入りのガムはたくさん種類がありますが、キシリトールの含有量はまちまちです。

 

もちろんキシリトールの含有量が高いものの方が虫歯予防の効果も高くなります。

 

歯科専用のガムはキシリトール100%ですから、より高い効果を求めるならおすすめです。

 

子供も好きなキシリトール入りのガムですが、100%虫歯予防が出来るわけではありません。

 

ブラッシングでしか落とせない汚れもあるので、ガムが歯磨き代わりになるわけではないことを知っておきましょう。

 

関連 子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある

 

 

子供の虫歯予防!キシリトールガムの効果的な使用方法

子供の虫歯予防!キシリトールガムの効果的な使用方法
甘くて美味しいキシリトールガムは、子供の虫歯予防に最適です。

 

しかし、そのまま何となくキシリトールガムを噛むのでは、せっかくのキシリトールの効果を十分に得られません。

 

ここではキシリトールガムの効果を高めるための使用方法をご紹介しましょう。

 

どんなガムでも噛み始めの頃は味も濃くて美味しいですね。

 

キシリトールガムも同様で、噛み始めには成分もそれだけ多く出ているのでできるだけすぐに飲み込まないのがおすすめです。

 

噛み始めに出てくる唾液にはキシリトールもたくさん含まれているので、口の中に出来るだけ長く留まらせておくことで、虫歯菌にも浸透しやすくなります。

 

またキシリトールガムは、食後30分以内に噛むようにしましょう。

 

虫歯菌であるミュータンス菌は、食べ物の糖やたんぱく質をエサにして歯を溶かしていきます。

 

しかしここで素早くキシリトールガムを噛めば、キシリトールがミュータンス菌の活動を弱めてくれるので虫歯予防が出来ます。

 

食後30分以内がもっとも危険ですから、歯磨きができない時にはキシリトールガムを噛ませてあげましょう。 
食後30分以内がもっとも危険ですから、歯磨きができない時にはキシリトールガムを噛ませてあげましょう。

 

また、キシリトールガムは1回で2粒噛むのもおすすめです。

 

市販されているキシリトールガム1個分では十分な量のキシリトールが入っていないので、2粒噛むと効果が高まります。

 

1回で2粒噛めば噛みごたえもアップして味も長続きしますね。

 

またキシリトールガムは、歯磨き前にも噛むとより効果的です。

 

べとべととした歯垢も、キシリトールガムを噛むことでサラサラにして歯垢を落としやすくします。

 

食後はすぐにキシリトールガムを噛んで、その後に歯磨きをすればばっちりです。

 

子供の虫歯予防のためにキシリトールガムを常備しておきたいですが、市販されているキシリトールガムを選ぶ際には注意が必要です。

 

キシリトール以外に、砂糖などの虫歯菌のエサになる甘味料がプラスされたガムもあります。

 

これでは反対に虫歯を作る原因になるので、原材料の表示もしっかりとチェックしましょう。

 

キシリトールガムを効果的に使うなら、1回2粒を食後すぐに噛むのがおすすめですよ。

 

唾液もたくさん分泌されて歯磨き効果もアップするので、毎日の習慣にするとよいですね。

 

また、キシリトールではなくて、本格的にガムだけで子供の虫歯予防ができてしまうガムがあります。

 

これはおすすすめです!

 

おすすめガム

スポンサードリンク

関連ページ

子供の虫歯予防にフッ素はどのような効果?大丈夫なの?
子供の虫歯予防にフッ素はどのような効果?大丈夫なの?という疑問についてです。子供の虫歯予防にフッ素はどのような効果があるのかについてです。危険という人もいますが果たして本当にそうなのかについての詳細です。虫歯予防のヒントとして参考にして下さい。
子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある
子供の虫歯予防にキシリトールが配合のガムは効果がある!についてです。繰り返す子供の虫歯予防にキシリトールが配合されたガムは効果があるのか?についてです。治療としては使えませんが予防としては十分に役立つものになります。その効果についての詳細です。
子供の虫歯予防にシーラントは役立つの?効果と本質について
子供の虫歯予防にシーラントは役立つの?効果と本質についてです。子供の虫歯予防にシーラントはどのような効果があるのかまとめています。メリットとデメリットもあり、一概におすすめできるともできないともいえませんがその本質についてお伝えしています。
子供の虫歯予防は口移しを控えることで後で楽ができる!?
子供の虫歯予防は口移しを控えることで後で楽ができる!についてです。実は子供の虫歯予防には口移しを2歳ぐらいまで控えることで大きな予防になることが分かっています。虫歯も感染からなる細菌なので口移しを控えることはとても大事なことになります。
子供の虫歯予防になる歯磨きの方法がある!その基本について
子供の虫歯予防になる歯磨きの方法がある!その基本についてです。子供の虫歯予防に大きく影響する歯磨きの仕方についてです。基本的なことを覚えることで今後お母さんの負担を色々な意味で減らすことになります。子供の虫歯予防のためにも参考にして下さい。
子供の虫歯は白いまま進行することもあるので注意が必要!
子供の虫歯は白いまま進行することもあるので注意が必要!についてです。子供の虫歯予防で注意したいのが虫歯が白いまま進行することです。普通の虫歯も分かりづらいところがありますけどこの白い虫歯はさらに分かりづらいものです。どのようなことに注意をすれば良いのかの詳細です。

 
トップページ 子供の口臭対策 子供の虫歯予防 子供の口臭とサプリ