子供の口臭予防と咀嚼の関係

噛む回数を増やすと子供の口臭予防をすることができる!

噛む回数を増やすと子供の口臭予防をすることができる! 
咀嚼数と子供の口臭予防の関係についてです。

 

咀嚼というと「食物を細かくなるまでよく噛むこと」という意味になりますが、この咀嚼数が減っていると、口臭の原因にもなりやすくなります。

 

とても口の臭いとの関係も深く、この回数を増やすだけでも子供の口臭予防にもなります。

 

ですが現在は、この噛む力や回数が減ってきていて、その影響から少しずつ口腔内の状態も変化しているように感じます。

 

噛むことをやめてしまうと、どうなるのか?または噛めなくなるとどうなるのか?

 

これを逆に考えること、色々なことが分かってきます。

 

とても大切なことですが、あまり意識している人も多くはないかもしれません。

 

ただ一つ言えるのは、ここを意識できるだけでも、健康についても口の臭いについても、よい影響を与えることができます。

 

あまりそのように感じないところもありますが、咀嚼を増やすと、どのような影響があるのかお伝えします。

 

 

咀嚼数を増やすと子供の口臭予防になる理由は?

咀嚼数を増やすと子供の口臭予防になる理由は? 
咀嚼数を増やすと子供の口臭予防になるのは、口の中の細菌を抑えやすくできる、消化器系の口の臭いを抑えやすくする、この2つの理由になります。

 

口の中の細菌を抑えやすくする、というのは、噛む回数を増やすことで唾液の分泌がよくなります。

 

唾液にはリゾチーム、またはラクトフェリン、またはその他の口の中にいる細菌を減らせるものが多く含まれています。

 

噛むことをよくすることで、この唾液の分泌がよくなるので、口の中にいる臭い菌の減少に役立つことになります。

 

逆にもし唾液が口になかった場合は、これの逆で、細菌が増加しやすくなります。

 

そうなると口臭だけではなくて、虫歯や歯周病、舌苔なども増えやすくなります。

 

子供では少ないですが、現実にドライマスという、唾液が減少する症状があります。

 

成人以上の人に多いのですが、唾液が少なくなるので、上記のようなトラブルが多くなってきます。

 

特に舌が汚れる、舌苔になる人がほとんどで、口の臭いが強くなります。

 

 

その臭いを抑える唾液の分泌をよくさせるのに、咀嚼はとても重要な位置にいます。

 

そして口呼吸の予防です。

 

子供に多いのが、口呼吸からの口臭原因です。

 

これはこれで、また原因が色々ありますけど、咀嚼が少ないことで、口まわりの筋肉が鍛えられず、自然に口が開いてしまうことがあります。

 

人は口を開けると自然に口呼吸になってしまうので、唾液を強制的に蒸発させ、細菌が増えて口の臭いが強くなってきます。

 

その口呼吸を予防するのにも、咀嚼は役立つことになります。

 

まとめると咀嚼の数を増やすことで、唾液の分泌がよくなり、虫歯や歯周病、舌苔、そして口呼吸の予防にもなることになります。

 

そしてさらに、消化器系の口の臭い原因にも役立ちます。

 

 

咀嚼数を増やすと消化器系の子供の口臭予防になる!

咀嚼数を増やすと消化器系の子供の口臭予防になる! 
咀嚼数を増やすと消化器系の子供の口臭予防にもなります。

 

口の臭い原因は、口腔内とさらに体内から発生する原因に分かれます。

 

体内というのは、胃腸関係で発生した悪臭が原因になることが多く、そこで発生した臭いが口の臭いを強くさせることがあります。

 

やや成人の人に多いですが、子供でも原因になることがあります。

 

その消化器系の口臭予防に咀嚼は役立つことになります。

 

胃腸関係から臭いが多くなるのは、未消化などの影響や腸内環境の乱れから原因になることが多くあります。

 

胃でいうと食べた物が、何らかの理由で未消化になってしまうと、その食物に含まれている微生物などから発酵が始まります。

 

その発酵がひどい悪臭にさせますが、それと消化酵素による影響です。

 

消化酵素は、食べ物を分解するためのものになりますが、胃の働きに元気がなくなることで、その消化酵素自体がしっかりと分解ができなく、悪臭のままになります。

 

嘔吐したことがある人は分かると思いますが、嘔吐特有の臭いを感じると思います。

 

それが今話している消化酵素のことで、これが口の臭いの原因にもなりやすいということです。

 

未消化にしても、その消化酵素の影響にしても、胃の働きに元気がなくなることが原因ですから、それを助けてあげることができるのが咀嚼になります。

 

胃の働きを回復させるには、負担を減らすことが大切になりますけど、その負担を咀嚼は減らすことができます。

 

口の中で例えば、食べた物を水分のようになるまで噛むのと、ゴロゴロとした状態で胃に流し込むのでは、働かせ方が変わってきます。

 

当然、あまり噛まないで、ゴロゴロした状態で胃に食べ物を流し込むことの方が胃への負担が大きくなります

 

消化時間が長引くと負担が大きいということになります。

 

咀嚼はその負担を減らすことができるので、胃にも優しいことになります。
それに加え腸内環境を整えることにもつながります。

 

未消化のものが多く腸内に流れることで、口臭の原因なる悪玉菌が多くの悪臭ガスを発生させるようになります。

 

未消化を喜ぶ細菌が腸内にいることになりますが、悪臭ガスが多く発生することで、その臭いが体をまわり口の臭いが強くなります。

 

それを防止することも咀嚼にはあります。

 

咀嚼は、子供の口臭予防するのにとても大事な要素でもあります。

 

子供の口臭対策アイテムとサプリメント

子供の口臭と口の臭いの種類


子供の口臭の原因と対策方法

子供の口臭の予防方法


スポンサードリンク

関連ページ

子供の口臭の予防にお茶はどのような対策効果があるの?
子供の口臭の予防にお茶はどのような対策効果があるの?についてです。お茶にはカテキンというものが含まれているので子供の口臭に限らず臭いを消臭する働きがあります。緑茶や紅茶などもありますが、子供に飲ませるときは注意点もありますので参考にして下さい。
子供の口臭にモンダミンはどのような予防効果があるの?
子供の口臭にモンダミンはどのような予防効果があるの?についてです。結論からいうと歯磨きと同じ予防効果ということになります。もし子供に口臭があって歯磨きをしないなどの状況であれば役立つことになります。モンダミンについてはそのような予防効果になります。
子供の口臭予防になる食事の内容と注意点について
子供の口臭予防になる食事の内容と注意点についてです。食事の内容を変えるだけでも子供の口臭予防には役立つことなります。現代の食生活は、どちらかというと口臭を悪化させやすい食生活ともいえますが少しだけ見直しをすることで子供の口臭に良い影響を与えることができます。
はちみつは子供の口臭予防におすすめすることができるの?
はちみつは子供の口臭予防におすすめすることができるの?についてです。条件つきではちみつは子供の口臭予防に役立つことになります。はちみつもいくつか種類があってあまり口臭予防として期待ができないものがあります。その違いや効果などについての詳細です。
子供の口臭予防になる正しい歯磨きの仕方と口の臭い原因
子供の口臭予防になる正しい歯磨きの仕方と口の臭い原因についてです。子供の口臭予防になる正しい歯磨きの仕方と口の臭い原因についてです。しっかりとした歯磨きをすることで口臭を予防できることああります。その予防についてと口臭原因についてお伝えします。
ブレスケアは子供の口臭予防として効果に期待することができる!?
ブレスケアは子供の口臭予防として効果に期待することができる?についてです。ブレスケアは子供の口臭予防としてどのような効果があるか?その疑問についての詳細です。結論からいうとあまり効果としては見込めませんけど使用目的によって変わると思います。
子供の口臭にマウスウオッシュを使用すると予防になる?!
子供の口臭にマウスウオッシュを使用すると予防になる?ということで子供の口臭にマウスウオッシュは予防になるのかについてです。マウスウオッシュをというのは歯磨き粉の変わりになるものなのでそれ以上の効果にはあまり期待することがでいません。その理由についてです。
ガムは子供の口臭予防になるの?その効果を知りたい
ガムは子供の口臭予防になるの?その効果を知りたい!ということでガムの口臭予防の効果についてです。ガムは唾液の分泌を良くさせるのと口の筋肉を鍛えることができるのでちょっとした子供の口臭予防としては役立つことになりますが注意点もあります。その詳細について。

 
トップページ 子供の口臭対策 子供の虫歯予防 子供の口臭とサプリ